脂肪細胞の働きを理解して効率よく痩せる

脂肪細胞の働きをダイエットに上手に生かすやり方もあります。

脂肪についての知識を得ることで、どんなダイエットが効果が高いかを知ることができます。

脂肪細胞は、大別すると脂肪を蓄積するための細胞と、脂肪を燃焼させるための細胞とが存在します。

白色脂肪細胞は、脂肪を貯め込むための細胞です。

体全体にあって、単に体脂肪という時には、白色脂肪細胞を意味していることがほとんどです。

食事などで体内に取り入れたカロリーのうち、その日のうちに使い切れなかったカロリーがあると、この白色脂肪細胞に貯め込まれていきます。

白色脂肪細胞は主に胎児期から思春期にかけて増加し、その数がほとんど決まります。

脂肪細胞にはもう一種類あり、褐色脂肪細胞と呼ばれています。

脂肪細胞を消費するための細胞です。

熱を生み出し、体を温める効果がある褐色脂肪細胞は、体内の熱源としての働きを持っています。

褐色脂肪細胞は、白色脂肪細胞の1/10程度しか存在しておらず、加齢と共に失われる性質がありますが、体内の熱を作り出すとても大事な細胞です。

褐色細胞がどう機能しているかは人によって違います。

どんな刺激を加えると褐色脂肪細胞の機能は促進されるかがダイエットの鍵を握ります。

冷水と温水を交互にかけたり、体を冷やしたり、褐色脂肪細胞のある肩甲骨や首の後ろのストレッチをすることで、細胞の働きを高めるという方法もあります。

規則正しい生活をして体を良く動かすことが、褐色細胞の活性化につながるという指摘をする専門家もいます。

褐色脂肪細胞が積極的に働くような体を構築することで、脂肪が燃えやすくなり、肥満になりにくい体をつくることができます。