筋肉がつくと体重が増える理由

体重を減らすために筋トレをしたはずなのに、結果的に体重が増えてしまって、思惑通りにいかないことがあります。

筋トレで体重が増えるのは、体脂肪の燃焼で減少する体重より、筋肉の増強によって増える体重のほうが多いからであり、筋肉のつき始めに起きる事象です。

筋トレは、体の基礎代謝などを上げる効果もあるので、結果的にダイエットにつながる場合があります。

ダイエットをしている時は、ただ単に体重が増えた減っただけを見るのではなく、もう少し長い時間を掛けて、体を作っていく必要があります。

トレーニングによって筋繊維が損傷を受けると、体内に蓄積される水分量が一時的に増えて、体重が増加してしまうことがありますが、筋繊維の炎症や筋肉痛が治まってくると元の体重に戻るようになっています。

ハードな運動を続けていると、コルチゾールというストレスホルモンの機能が活発になります。

コルチゾールが多くなると、体内の水分が多く必要になります。

食事制限を長期にわたって続けた場合、体に負担をかけすぎたという時にもコルチゾールが多く分泌されるようになって、体内に脂肪が溜め込まれやすくなるようです。

健康にいいダイエットと、体にダメージを与えるダイエットの違いを知るためにも、人体の機能に関する知識を持っておくといいでしょう。

トレーニングでいつも以上に体を動かしているために、お腹が空きやすくなって、以前よりもたくさん食べていては本末転倒です。

カロリーを摂り過ぎてしまうことは体重が増える一番の理由である為、ダイエット食品などを活用して、カロリー摂取量を調整しましょう。

カロリー調整といっても、むやみに食べる量を減らすのではなく、栄養バランスを整えながら食事量を減らさなければなりません。

筋肉をつくるための素材がなければ、いくら筋トレをしても筋肉は増やせません。

カロリー制限をしながらも、必要な栄養成分は確保できるようにしましょう。